中尾勇太のブログ

ようこそ!

米中貿易戦争について

突然ですが、以下の政策を見て、誰を思い浮かべるでしょうか。

保護主義

対中貿易赤字の改善

法人税減税

知的財産権の保護

力による平和

宇宙計画の推進

 

トランプ氏を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、これらはすべて『米中もし戦わば』に書かれていることなのです。

 

米中もし戦わば
米中もし戦わば

 

この本を書いたのはピーター・ナヴァロ氏。

トランプ政権で大統領補佐官として通商製造政策局長を務めています。

ちなみに、この『米中もし戦わば』は2016年11月に出版されており、原書である『Crouching Tiger: What China's Militarism Means for the World』は、2015年11月にはすでに出版されています。

この本を読んだ多くの方が、今回の米中貿易戦争の推移や、米国の対応をある程度予想できたのではないでしょうか。

 

 

続きを読む

ノーベル経済学賞受賞エスター・デュフロ氏 「ランダム化比較試験を貧困問題へと適用した社会的実験」


ノーベル経済学賞受賞エスター・デュフロ氏 「ランダム化比較試験を貧困問題へと適用した社会的実験」

 

 

TED動画
エスター・デュフロ: 貧困に立ち向かう社会的実験』

www.ted.com

右下のアイコンから日本語字幕の選択が可能です。

埋め込みの動画ではなく、リンク先で見ると再生速度の変更も可能です。

リンク:エスター・デュフロ: エスター・デュフロ: 貧困に立ち向かう社会的実験 | TED Talk

 

 

TED動画を参考に、2つの事例をご紹介しました。

 

 

 「どうにかして字幕を付けるべきだったかなぁ」とか「もう少し分かりやすく解説できたのではないか」と振り返り中です。
まだまだ動画作成は難しいです。
でも新しいことも試せたので勉強になりました。

 

 

 

淡井型1番艦フレヴィア 「主砲発射」 切り絵 #ふれびあーと

f:id:yuta0013:20191113194110j:plain

白黒

 

 

f:id:yuta0013:20191113194113j:plain

カラー

 

 

 

 

 

というわけで淡井フレヴィアさんです。

twitter.com

イメージとしては艦これです。
ただ、私は艦これで遊んだことがないのです。
でもキャラクターは何人か知っていました。
なので艤装(ぎそう)などのイメージだけいただきました。

 

といっても、主砲が艤装からではなく、口から吐いた火なんですけど(笑


公開は初めてですが、以前から趣味で切り絵をしていました。
といっても、やり方を勉強したわけでもなく「こんな感じかな」という感じでやっているので変なところとか未熟な部分はあると思います。


切り絵を作るのも久しぶりで、その「こんな感じかな」というやり方すら忘れていましたけど(笑

 

カッターで切り抜くのが大変というか手が痛くなってくるので、長時間の作業は無理でした。
なので、そこまで大きな絵ではなかったのですが、数日かけて切り抜きました。

 

色をつけたのは初めてだったのですが、苦戦しながらも楽しかったです。
折り紙を使って色をつけたのですが、カラーペンも良さそうな気がします。

カラーにするとき服は切り取らなくてもよかったかもしれませんね……。

 

 

ツイートはこちらです。

 

 

 

 

 

フィルターアカウント

説明しよう!フィルターアカウントとは!

 

f:id:yuta0013:20191104183422j:plain

 

 

特定のアカウントから自分が欲しいツイートだけをリツイートしてくれるアカウントのことである!

 

 

良いことをツイートするアカウントというのは簡単に見つかったりするのですが、そういったアカウントも有益なツイートばかりではないので、フィルターアカウントで選別してくれると、とても助かります。

 

しかも複数のアカウントからの情報を選別してくれるフィルターアカウントは本当に助かります。

 

ただ、そういうフィルターアカウントを見つけるのは大変なんですけどね。

 

 

 

 

 

 

上代明夜 様『パラレル・ジ・マインド』(『山のたたり』二次創作含む)

 

 

短編集であり、パラレルのお話が多いとのことで、ファンタジー系のお話を想像していたのですが、1万円硬貨の話はインフレが関係していたりと、現実的な解説があったりして意外性もありました。

 

個人的には夢の解釈が初めて聞くもので、新鮮で興味深かったです。

 

『パラレル・ジ・マインド』は色々なパラレル世界のお話を、上代様の解釈で新しい物語としたものです。

私の作品である『山のたたり』も原作として紹介されています。

 

米軍が未確認飛行物体、いわゆるUFOを認めたという最近のニュースも作品の題材となっています。

参考:米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

 

ちなみに、以前に『山のたたり』を動画にしていただいたクロネコの部屋様のチャンネルにある話も出典として登場します。読みながら「あっ、これ見たことある」ってなりました。

動画化の詳細はこちらです。

nakao-yuta.hatenablog.com

 

最後に出典が記載されているのですが、「作品の中のあのエピソードにも元となる話があったのか!」と驚くものがありました。

 

無料キャンペーンも実施しているそうですので、思い立ったが吉日。お早めに手にとってみてください。

 

 

 

 

 

 

トルコのシリア侵攻について

 

 

トルコがシリアへ侵攻を開始しました。

トルコ軍は9日夜、シリア北部で地上作戦を開始した。この日空爆や砲撃で始まったクルド人勢力に対する軍事作戦を本格化させた形。
引用:トルコ軍、シリア北部で地上戦開始=攻撃で15人死亡:時事ドットコム


今回のことをきっかけに色々と調べてみて、個人的に感じたことを書き連ねていきます。

 

続きを読む

弾道ミサイルとドローン

ふと思いついたことです。

 

 

 

 

一応、同じ内容を文字でも。

多弾頭ミサイルといったものがありますが、巡航ミサイル等に複数機のドローンを搭載するというのはどうでしょうか?
巡航ミサイルミサイル防衛網システムを突破し、目標付近でドローンを展開する……みたいな。

ドローンは自爆型で車両や建物を攻撃してもいいですし、自律攻撃や遠隔操作で敵兵士等に攻撃するというのも考えられます。

普通の多弾頭ミサイルで攻撃した場合との、費用や効果の比較が必要ですね。

もしかして、すでに開発されていたり、研究が進められていたりします……?

 

いつか図解でも書きたいものです。

 

 

2019.10.1追記

そんなことをつぶやいていたら、参考になるご意見をいただきましたので、ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

うーん、まだまだ知識や勉強が足りません。

かといって調べ始めると、またどんどん深みにハマっていきそうな気が……。

 

 

 

 

 

豚コレラのワクチン接種の実施について

ツイートをまとめておきます。

 

 

続きを読む